1. Top
  2. Magazine
  3. キャンプ場&農園 玖珠の杜

Magazine

キャンプ場&農園 玖珠の杜

“気軽に手に入る非日常”
キャンプ場&農園 玖珠の杜

2021.11.30

牧場跡に昨年オープンしたばかりの「キャンプ場&農園 玖珠の杜」。交通アクセス抜群の立地の良さ、周囲に絶景を臨むロケーション、きれいな設備が評判を呼び、週末ともなれば県内外から“気軽に手に入る非日常”を求め、大勢の人が訪れます。

近隣には鶴川温泉など温泉施設が11カ所も集中しており、「バーベキューを楽しんで帰りは温泉でまったり」「デイキャンプでリフレッシュ」などキャンプ初心者やお子様が気軽に楽しめるのも人気の秘密。名前に「農園」とついているように、来年以降、敷地内の畑を使った農業体験メニューも充実していくそうです。

今回はそんな魅力あふれる玖珠の杜の魅力を徹底レポート!
プロカメラマンが教える“映える”アウトドア写真の撮り方などもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでくださいね♪

管理棟で受付&キャンプ場の設備をチェック

管理人の遠藤さんは、福岡出身の元サラリーマン。1年前様々なご縁があってこの「玖珠の杜」をオープンしました。

「昔からアウトドアや自然に興味があったんです。山を借りて野菜をつくったり、色々していました。ここはその延長ですね。ただ、僕、キャンプはほとんどしたことがないんですよ (笑)」。照れたように笑う遠藤さんから驚きの発言!もちろん、キャンプに詳しいスタッフさんもちゃんといるのですが…。「一緒に考えよう」「とにかく楽しもう」そんな気負わない姿勢が遠藤さん、そして玖珠の杜の魅力なのかもしれません。

牧場跡にできた玖珠の杜には写真のサイロのように牧場の名残がたくさんあります。

青空と大自然の中に佇むサイロ、それだけで十分絵になります!ぜひパチリと写真に収めてくださいね♪広大な敷地内にあるのは、もちろんサイロだけではありません(笑)。トイレやシャワー室、テントを洗って干せる便利なテント洗い場など利用者に嬉しい設備が充実。しかも!!オープンして1年ということもあり、どの設備もかなりきれい!これはかなりポイント高いです。

テント、タープ、ランタン、ヒーター、クーラーボックス、調理にも使える燃焼ストーブなど様々なキャンプ用品をレンタルできるのも嬉しい限り。特にテントは20種類もあり、用途や人数に合わせて自由にチョイスできます。

※レンタルの詳細・料金はコチラをご覧ください。

大自然の中にあるキャンプサイトをチェック!

ここから玖珠の杜にある2つのサイトをご紹介!

屋根付きスペースもある木漏れ日エリア

木漏れ日エリアは、木々に囲まれ、文字通り木漏れ日が適度に差し込むサイト。木を利用してハンモックを張ったり、木陰で読書したり…。そんな贅沢な時間を過ごすことができます。直射日光を遮ってくれるので夏場は特に人気なんだそう。敷地内には食事をしたり、休憩したり自由に使える屋根付きのスペースがあるのも大きな特徴。天候が不安な時は、そこにテントを張ってもOK。屋根下は地面が安定していてバイクが停めやすいのでバイカーさんの利用も多いそうですよ。

開放感たっぷり!絶景を臨む芝生エリア

芝生エリアは何も遮るものがない解放感抜群のサイト。遠く雄大な山々に囲まれた絶景のロケーションが魅力で、心身共にリフレッシュできます!どちらが良いかは好み次第ですが、キャンプ初心者の私は、屋根も電源もある木漏れ日エリアにちょっと惹かれました。同行したキャンプ好きのスタッフは「この絶景と開放感がキャンプの醍醐味!芝生エリア最高!」と興奮していたので、こればかりは好みですね(笑)

空から星が降ってくる!満点の星空に感動

このキャンプ場の夜の楽しみといえばこの満天の星空!遮るもののない空を見上げれば、星々が降ってくるような、逆にこちらが吸い込まれてしまいそうな…そんな不思議な感覚にとらわれます。テントやランタン、はぜる炎の灯りも最高のアクセント。日々のストレス、疲れ、悩み、そんな日常から解き放たれた極上の“非日常”がここにあります。

そうそう、現実に引き戻すようで申し訳ないのですが、一つ注意点。明かりの準備は「暗くなりかけてから」ではなく、まだ明るさがしっかり残っているうちにしましょう。特に冬はあっという間に日が暮れて真っ暗になってしまいます。真っ暗になってからでは諸々の準備は至難の業。キャンプ初心者さんは気をつけてくださいね。

看板ヤギ、キリちゃん、ハネちゃん、カブくんとふれあいタイム&乳搾り体験に大興奮

玖珠の杜には看板ヤギが3匹います。キリちゃんと娘のハネちゃん、カブくんです。この名前を聞いて、ピンときた方、いますよね。そう、玖珠を象徴する伐株山(きりかぶさん)と万年山(はねやま)から取っているんです。玖珠愛を感じてなんだか嬉しくなります。

3匹はいつもキャンプ場のどこかで草むしりのお仕事中。タイミングが合えばふれあいや乳搾りもできるんですよ。ヤギをこんなに間近で見るのは初めてでしたが、もぐもぐ一心不乱に草を食べて、、、いや、草むしりのお仕事に励んでいる姿がすごくかわいかったです。ちなみにカブくんは体調を崩してこの日はお休み。早く元気になるんだよ〜。

たっぷりふれあいを楽しんだ後、乳搾りにチャレンジしてみました。早速、お乳にさわると、あ、あったかい!初めての体験にドキドキ。

「一旦、お乳を乳房の上から下に集めるような感じで下ろして、その集まったお乳を搾ってください」という遠藤さんのアドバイス通りに搾ってみたのですが…。これがめちゃくちゃ難しい!どうやっても全然出ない!!同行スタッフ全員チャレンジしましたがなんと全滅。遠藤さんが搾るとビュービュー出るのになぜ?と思っていたらどうやらコツがいるらしい。「大切なのは力ではなくコツ。コツをつかむと子どもでも簡単に搾ることができます」とさらり。コツを伝授してもらった後、悪戦苦闘しながらようやくピュ〜〜〜と弱々しくではありますが搾れました(笑)。

玖珠の新名物!?キリカブランコを発見

芝生エリアの片隅に、雰囲気たっぷりの木製のブランコを発見!実はこれ、遠藤さんも所属する「キリカブランコつくって!委員会」の手づくり。キリカブランコつくって!委員会とは“伐株山の山頂の絶景ポイントに、玖珠町の素晴らしい景色を一望できる木製ブランコを設置する”という目標を掲げ、様々な活動を行っている団体。

「え、すでに伐株山の上には有名なハイジのブランコがあるじゃん」と思った方も多いでしょうが、伐株山のブランコからでは見えない景色を多くの人に届けたい!と頑張っているそう。実際に乗ってみましたが、玖珠を愛する人たちの想いが込もったブランコは乗り心地抜群!背中を押してもらい、子どものようにはしゃいでしまいました(笑)。皆さんもいつか玖珠町のもう一つの象徴になるブランコを楽しんでくださいね。

地元の農家さんが持ち寄った新鮮な食材をゲット!

炊事場には、ピーマン、里芋、ニンニク、椎茸、銀杏など地元の農家さんが持ち寄った農産品、ジャムなどの加工品が手頃な価格でずらり!形の悪いB級品もありますが、味はどれもとれたての一級品。この日は産みたての卵や新米まで並んでいました。農家さんがいつ持ち寄るか、どんな農産物・加工品が並ぶかはその日次第。たま〜に売り切れていてもご愛嬌。そんなゆるい感じも玖珠の杜ならでは(笑)。

今後は農業体験も充実予定!こうご期待♪

現在、敷地内には小さな畑がありますが、今後この畑を拡大予定。収穫できる時期、農産物の種類を増やすためにハウスなども考えているそう。「畑で収穫したものをそのままBBQで楽しんだりと、キャンプ場+農園の組み合わせでいろんな可能性が広がると思います」と遠藤さん。農業体験しながらキャンプなんてすごく面白そう!今後もますます玖珠の杜から目が離せません。

玖珠の杜の魅力をキャンパーさんにインタビュー

実際にキャンプをしていた方にお話を聞きました。

◎小倉から来た50代のご夫婦/芝生エリア利用

玖珠の杜を知ったのは、会社の人に「すごくいいところがある」と聞いたのがきっかけ。利用するのは今回が2回目です。一番の魅力は時間の制限なく、ゆったりできるところ!平日は人が少ないので、かなり穴場だと思います。

新鮮な農産物が買えるのもいいですね。今日は銀杏を買っておつまみにする予定です。他にも「近くに温泉が多い」「町が近く、交通の便が良い」「管理人さんがすごくいい人」などお勧めポイントはたくさんあります。

◎北九州から来た70代の男性/芝生エリア利用

リタイアして以来、いろんな場所でキャンプを楽しんでいます。玖珠の杜を利用するのは2回目。YouTubeでキャンプ情報を探していた時に偶然知りました。最初は木漏れ日エリアを使用しましたが、屋根付きのスペースがあるので、天候に左右されずいいと思います。

魅力は…そうですね。北九州から近い、料金が安い、炊事場・トイレが近い、平日は人が少なくてゆっくりできるなど色々あります。もちろん、景色や星空も素晴らしいです。

プロカメラマン直伝!“映える”アウトドア写真の撮り方

「目の前に絶景のロケーションが広がっているのだから、素敵な写真を撮りたい!」と思い立ち、早速、同行していたプロのカメラマンさんに“映える”写真の撮り方を教えてもらいました。「めちゃくちゃ初心者向けに」とお願いしたので、どれもかなり簡単。皆さんもぜひ参考にしてみてください。

<映える写真の撮り方〜アウトドア編〜>

アングルを低めに

カメラを少し低く構えてみてください。正面や上からの撮影とは全く異なる雰囲気の写真が撮れます。少し見上げるようにして空を入れたりするのもお勧めです。

薄暮(はくぼ)を狙う

薄暮とは、完全に夜になる前の夕暮れ時のこと。この時間帯の写真は驚くほどきれいに撮れます。例えば、紺色の空に映えるテントの中の灯り、赤々と燃える焚き火…。これらの絶妙なコントラストは薄暮ならでは。完全に真っ暗になってからでは、上手く撮れないことが多いです。

撮りたいものをあえて中心からずらして撮る

撮りたいものをあえて中心からずらして撮ってみてください。写真を見てわかるように、グッとおしゃれな雰囲気になります。せっかく大自然の中にいるのですから、その景色を上手く活用しましょう。

脇を締めて撮る

せっかく素敵な写真が撮れてもブレていた、なんてことはありませんか?脇をしっかり締めて撮ることを意識するとブレが減るはずです。スマホでも、一眼レフでも撮り方は基本同じ。素敵な思い出を残してくださいね。

【立ち寄りスポット➀】源泉掛け流しの温泉「湯の森くす」

玖珠の杜の周辺には温泉が11箇所も点在しており、キャンプで疲れた身体を癒すのにもってこい!その中から今回選んだのは珍しいモール泉が楽しめる「湯の森くす」。モール泉は植物由来の成分を含んだ温泉で、ツルツルとした肌ざわりの飴色をしたお湯が特徴。美肌効果や疲労回復効果など様々な効果・効能が期待できるんだそう。

一般入浴では男女別の内湯と男女交代制の露天が、また貸切の家族風呂では風情たっぷりのひのきや石切、レトロ風呂が楽しめます。熱すぎず、ぬるすぎず、やわらかなお湯に身を浸すと疲ればかりか心の凝りまで溶け出してしまうよう。芯から温まり入浴後もポカポカがずっと続きます。地元民のリピーターが多いのも“効く”証のような気がしますよね。宿泊やお食事も楽しめるので、キャンプの次は温泉ざんまい、もいいかもしれません♪

【立ち寄りスポット②】「河野新栄堂」のそばまんじゅう

玖珠の杜の帰りにぜひ立ち寄って欲しいのが、知る人ぞ知るそば饅頭の名店「河野新栄堂」。創業120年、そば饅頭をつくりはじめて67年。宣伝はほとんどしていないにも関わらず、平日でもお客さんが絶えることはありません。親子何代にもわたって通っている常連さんも多く、並んでいるお客様からは「そば饅頭はここのに決めてるんよ」「やっぱりこれが美味しいよね」そんな声が聞こえました。なぜそんなに売れるのか?答えは簡単、美味しいからです。

蕎麦粉にこだわるのはもちろん、ふんわり感を出すために自然薯を贅沢に使い、地元の養鶏農家の高級卵を使用。皮と選りすぐりの小倉あんとのバランスも絶妙で、他のそば饅頭とは一味も二味も違います。

「出来立ても美味しいけど、冷えた方がそばの香りが引き立つんよ」そう教えてくれたのはお店を切り盛りする女将さん。受け継いだ味を守りながら、自然薯の量を増やすなど、より美味しいそば饅頭づくりに取り組んでいます。「作り方を変えるなって父に怒られるかも」そんなお茶目な表情、豪快な笑い声、チャキチャキとした飾らない物言いがなんとも魅力的。きっと女将さんに会いに来る人も多いんだろうなぁとしみじみ。

そば饅頭は1個80円、10個800円。箱入りは15個〜。求肥(ぎゅうひ ※白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたもの)で絹ごしの大納言を包んだ生菓子・禅海(650円)もリピーターが絶えない名品。お土産にも、食べ歩きにもぴったりの美味しさをぜひゲットしてくださいね。

おわりに

冬にキャンプ!?と思うかもしれませんが、雪景色、抜けるような青空、火のぬくもり、澄んだ夜空に瞬く満点の星…。冬だからこそ味わえる楽しみがあります。

今冬は大自然、動物とのふれあい、地元の美味しい食材、人のあたたかさが待っている玖珠の杜へぜひお出かけください♪

キャンプ&農園 玖珠の杜

大分県玖珠郡玖珠町大字太田4098-16

TEL:0973-77-2860 FAX:0973-77-2861

※ご予約はHPカレンダーからできます。

https://kusunomori.com

<サイト利用料金>

木漏れ日エリア

宿泊 大人 1,500円、小人800円

デイキャンプ 大人1,000円 小人500円

芝生エリア

宿泊 大人1,100円、小人700円

デイキャンプ 大人700円、 小人500円

※ペットはどちらも300円/匹

※子供は大学生未満とします。小学生未満は無料です。

※サイト内駐車(1泊):車500円、バイク100円 ※駐車場に停める場合は無料(テント設営時はサイト内への乗り入れ可)

詳細、レンタル品についてはHPにてご確認ください。・

湯の森 くす

大分県玖珠郡玖珠町森5122-2

TEL/FAX:0973-72-6466

※立ち寄り湯

営11:00〜20:00

休 火曜

http://www.yunomori-kusu.com/facilities.html

<一般入浴 入浴料>

大人(中学生以上)/550円

小学生以下/300円

3歳以下/100円

<貸切(家族)風呂 入浴料>

1回50分(平日60分)

※貸切風呂は電話予約可能です。

①入れ替え式

ひのき風呂2~3名用/2000円

切石風呂2~5名用/2000円

かけ流し

レトロ風呂2名~5名用/2000円

ひのき風呂2名~6名用/2300円

時間延長 30分毎/850円

※毎週月曜日・金曜日は300引き

河野新栄堂

大分県玖珠郡玖珠町大字森5100

TEL 0973-72-2125

休 不定

他のMagazineを読む▶▶ Magazine一覧

オススメの旅のルートはコチラ▶▶ Route一覧

オススメのスポット情報を探す▶▶ Spot一覧

Scroll top