1. Top
  2. Magazine
  3. くじゅう連山

Magazine

くじゅう連山

豊かな自然が冒険心をかきたてる絶景山歩き!

2021.07.31

「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨のもと、2014年に制定され、2016年から日本の国民の祝日としてスタートした「山の日」。
今年で5回目を迎える「山の日」記念全国大会が、大分県で九州初開催される。(令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大により1年延期)
その中でも、8月11日に開催される第5回「山の日」記念全国大会で記念式典・歓迎フェスティバルが開催されるのが、ここ、九重町。
今回、オーワ! Magazine 記念すべき第1号として、全国から注目が集まる九重町を代表するスポット、「くじゅう連山」をフューチャー!

登山ビギナーから上級者まで楽しめる「くじゅう連山」をご紹介します!

体力に合わせた登山で、くじゅうの自然を満喫!

猟師山からの景色

「くじゅう連山」は、九州本土最高峰、標高約1700m級の山々を連ねる“九州の屋根”として全国的に有名。
なんでも10の登山口があり、その先にも多くのルートが待つことから、ビギナーでも体力に合わせた登山を楽しめるコースもあるとのことで…
山の日に合わせての登山デビューにも最適な山とみた!
春の訪れを告げる可愛らしい野花や、初夏のミヤマキリシマ、秋の紅葉、冬の樹氷などが道中を楽しませてくれるため、山頂に辿り着かずとも忘れられない思い出になることは確実。気負わずにリラックスして歩けば、進んだ距離に関係なく、その日その時間にしか目にすることのない景色が心を癒してくれる。
登山コースは「牧ノ戸登山口〜久住山」が一般的だが、ビギナーは「合頭山〜猟師山」を目指してみよう!

ビギナーが目指すべき2山。爽やかな草原の登山道を歩く

道中では大草原と、山々の絶景が待っている

くじゅう連山のファーストステップとしてオススメなのが、合頭山と猟師山の縦走コース。“縦走”とは山頂に着いた後に下山せず、そのまま次の山へ向かうこと。
それを知ると上級者向けに感じるかもしれないが、こちらの2山はファミリーでの挑戦者も多いルートなのでご安心を!少々のアップダウンはもちろんあるものの、全体的に岩場が少ないルートはハイキング感覚で歩くことが可能。
合頭山の頂上から猟師山にかけて続く稜線は雄大で、登山道も爽やかな草原の1本道であることからビギナーでも歩きやすいのがうれしい。天気が良い日は空の青と草原の緑のコントラストが美しく、思わず足を止めてしまうほど!さらに空気が澄んでいれば、遠くにそびえる阿蘇五岳などの山々も望める。道脇に姿を現す植物との出会いを楽しむ登山者も多く、休憩をしながらのんびりと歩いた場合に要する時間は3〜4時間程度。
装備としては普段のスニーカーでも歩くことはできるが、山歩きの足を守りつつ、歩行をスムーズにしてくれる登山シューズがあると心強い。そして山の天気は急変しやすいため、上着や雨具なども備えておくとさらに安心です!

散策派は希少な動植物との出会いが待つ湿原へ

タデ原湿原木道は一部バリアフリーのため、ベビーカーや車椅子でも散策できる。

登山よりも気軽に九重町の自然に触れたいと考えるなら、くじゅう連山の火山活動によって形成されたという「タデ原湿原」へ!
くじゅう連山の北側にそびえる三俣山の麓にある湿原は散策路が整備されていて、季節の山野草や希少な生き物を間近に感じることができる。

ヒゴタイ/絶滅危惧種でもあるヒゴタイは夏が見頃

例えば春ならキスミレやハルリンドウ、サクラソウ、夏はヒゴタイにノハナショウブなど。秋・冬になるとアケボノソウやヤマラッキョウをはじめとする花々が次々と姿を現してくれる。
四季を通しての変化はもちろん、雄大な湿原が1日の中でも刻一刻と変化する風景は感動!希少な植物を観察して記録に残せば夏休みの自由研究にもなるので、まだまだテーマで悩み中のファミリーもぜひ訪ねてみよう。
3種類あるルートの所要時間はすべて20〜60分程度とされているため、世代を問わず誰もが気軽に足を運ぶことができるのもタデ原湿原の魅力。爽やかな風に揺られる木々の匂いや、静かに、けれど美しく咲き競う野花に心癒される時間を過ごそう。

これぞ至福の時。疲れた体に良質な湯が染み渡る

景観に優れた「山恵の湯」
[詳しくはコチラ] http://www.hosshouhotel.co.jp/hotspa/

九重町の自然に親しむスポットは、登山などのアクテビティを通したものばかりではない。
豊かな大地に湧く温泉が、レジャー後の体を癒してくれるのだ。長者原周辺にも多くの施設が点在しており、例えば「九重星生ホテル」なら展望露天風呂「山恵の湯」が有名。
ほかにも黄褐色の炭酸泉で知られる「筌の口共同温泉」や、14〜15度の冷鉱泉を源泉とする「寒の地獄旅館」など、宿によって様々な泉質の湯に浸かれる。

筋湯温泉うたせ大浴場
ご利用時間/6:00~21:30・ご利用料金/300円(税込)

筋湯温泉自慢のうたせ大浴場もオススメ!約2メートルの高さから落ちる18本のうたせ湯が自慢の施設です。
うたせ湯はマッサージ効果があり肩こりや腰痛など筋肉の疲れや病に効果があり、登山の疲れを癒す登山客にも人気の温泉です。
日本一のうたせ湯で旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

九重夢ポーク丼 ※イメージ
[九重町おすすめグルメ情報はコチラ] https://k-miyachan.com/food/

気になるご当地グルメは、九重の大自然が育んだ安心・安全のブランド豚「九重夢ポーク」を使った、丼ぶりや定食が絶品!
疲れた体に栄養をチャージするボリューム満点のメニューは一食の価値ありです!

見て・食べて・体験する「くじゅうフェス」
今年は「山の日」記念でボリュームアップ!

ステージイベントや体験ブースなど様々な催しが展開される「くじゅうフェス」

自然やアクテビティを通して届けてきた九重町の魅力。
すっかり地域のファンになってしまったあなたに最適なイベント「くじゅうフェス」が8月11日(水)10時〜「長者原園地」にて開催される。
“山の日”が施行された2016年からこの企画は始まったが、今年は「第5回山の日記念全国大会 歓迎フェスティバル」を兼ねているため、内容が充実しているとのこと!毎回大人気のボルダリングやスラックラインの体験ブースや、食べ物や雑貨のマーケットブースはもちろん、今年は、ゲストタレントによるイベントステージや、お楽しみ抽選会なども行われます!
見て・食べて・体験する「くじゅうフェス」。是非参加してみてください!


第5回「山の日」記念全国大会 歓迎フェス・くじゅうフェス
日時:令和3年8月11日(水)10:00~16:30 小雨決行
場所:長者原園地(長者原ビジターセンター向かいの芝生広場)
問合:九重町商工観光課・自然環境課(TEL 0973 76 3150)

【おわりに】

第5回「山の日」記念全国大会公式PR動画


四季折々の景色が楽しめる、くじゅう連山。
春・夏は鮮やかな花や緑、秋の紅葉、冬の雪化粧。どれも最高!
ぜひ、大感動の自然を体感してみてください!

Scroll top